金属探知機

歯周病の人はインプラントの手術をおこなうことができるの?

インプラントによる歯科治療は、歯を失った人が金属で作られた人工の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込んで、そこに義歯をはめ込む手術をおこないます。
「歯周病の人もインプラントの手術ができるのでしょうか?」という質問を耳にすることがありますが、歯を失う原因のほとんどが歯周病であるため、インプラントによる治療を希望する多くの人がすでに歯周病にかかっている可能性があるのです。
歯周病とは、口の中の細菌が出す毒素が原因となって、歯茎や歯を支えている組織が炎症を起こす病気のことを言います。

歯周病の初期段階では、歯茎の腫れや出血などの症状が現れますが、ほとんどの人に自覚症状はないと言われており、症状が進行するに連れて、歯茎が痩せ細り、最終的には歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。
インプラントの手術は、歯茎と骨にインプラントを固定することでおこなわれるため、歯周病によって歯茎が痩せ細り、骨の量が不十分な状態の場合、インプラントをしっかりと固定することができないため、噛み合わせが悪くなったり、ぐらつきが生じるようになります。
そのため、先ほどの「歯周病の人もインプラントの手術ができるのでしょうか?」という質問の答えは「NO」なのですが、歯周病の症状を治療することで、インプラントの手術をおこなえるようになります。

インプラントの手術をおこなうためには、事前にカウンセリングとインプラントの治療がおこなえるかどうかの検査をおこないます。
その際に、歯周病の疑いが出てきた場合には、まず、歯周病の治療を終わらせてから、インプラントの手術をおこなうことになります。
歯周病の症状は人それぞれですが、歯周病の症状が進行をしている場合には、歯が抜ける前に抜歯をおこなう必要が出てきますし、歯周病は、抜け落ちた歯以外の周辺にも広がっている可能性が高いため、広範囲に渡って治療をおこなう必要もあります。

また、歯周病によって歯を失った部分の骨は痩せ細っているため、高さ、幅、量をインプラントを埋め込むことのできる状態にまで戻すために、骨を再建する手術をおこなう必要も出てくるのです。
このように、歯周病の治療を終わらせることでインプラントの手術をおこなうことは可能になりますが、手術が成功をした後も油断をしてはいけません。
インプラントによる義歯は、本来の歯よりも細菌に感染をしやすい特徴があるうえに、神経を抜いているため、手術前よりも歯周病にかかっていることに気がつきづらい状態になっている可能性があります。
そのため、今まで以上に丁寧なブラッシングをおこない、メンテナンスのために定期的に病院に通うなどをして、歯周病を予防することが大切になるのです。

Copyright(C) 2013 歯を綺麗に保つために欠かせない事 All Rights Reserved.