金属探知機

インプラントと入れ歯とではどちらを選ぶ?

一昔前までは、歯を失った時の治療方法と言えば入れ歯でした。
夜中に水を飲もうとしたら、コップに中におじいちゃんの入れ歯が入っていた…なんてエピソードはよくありましたよね。
しかし、歯を失った時に選択ができる治療方法は入れ歯だけではありません。

近年では、入れ歯よりも違和感なく生活をすることができるとして、インプラントによる治療が注目を集めています。
インプラントと入れ歯が別の治療方法だと言うことを理解している人は多いと思いますが、具体的にどのような部分に違いがあるのかを理解している人は少ないですよね?
まず、一番の違いは義歯の装着方法です。

インプラントは歯茎の下の骨に根元となるネジを埋め込んで、そこに義歯をはめ込むのですが、入れ歯は、歯茎の上に義歯を被せるかたちで装着をおこないます。
入れ歯による治療のメリットは、入れ歯の種類によっては保険診療に該当をするため、治療費を抑えることができることと、入れ歯を作ることのできる歯科医院が多いということです。
また、不具合があった時にメンテナンスがしやすいというメリットもあります。

しかし、インプラントと入れ歯のメリットとデメリットを比べてみるとインプラントの方がメリットが多いことに驚かされます。
例えば、日常の手入れは、入れ歯の場合は毎日外して消毒をおこなう必要がありますが、インプラントの場合は、今まで通り歯磨きをするだけで済みます。
また、入れ歯の場合、噛む力が20%近くに落ちてしまうのに対して、インプラントは、自分の歯とほとんど変わらない強さで噛むことができます。

また、入れ歯の場合は、歯茎に被せたり、残っている歯に金具をかけて装着をするため、違和感が多く噛み合わせが悪いことに対して、インプラントは骨に金具を埋め込んで固定をしているので、違和感が少なく噛み合わせが良いと言われています。
さらに、入れ歯は歯茎を義歯で覆ってしまうため、味や温度が感じにくいというデメリットがあるのですが、インプラントは、自分の歯があった時と変わらずに味や温度を感じることができるため。
食事を美味しくいただけるのです。

ただ、インプラントにもデメリットはあります。
インプラントは、保険診療の対象外となるため治療費が高額となる場合が多く、入れ歯と比べると治療期間がとても長くなります。
また、入れ歯ほど治療をおこなえる歯科医院が多くないこともデメリットのひとつです。
さらに、技術があまり高くない医師が治療をおこなうことで、神経麻痺が起こったり、金具が顎を突き抜けるなどのトラブルも起こっています。
このようなトラブルは非常に稀ですが、頭に少し置いたうえで治療方法を選ぶようにしましょう。

Copyright(C) 2013 歯を綺麗に保つために欠かせない事 All Rights Reserved.