金属探知機

インプラントで金属アレルギーが現れる心配はないの?

インプラントによる歯科治療は、人口的に作られた金属の歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込んで、そこに義歯をはめ込むことでおこなわれます。
体内に金属を埋め込むわけですから、金属アレルギーの症状が疑われる人は、当然、インプラント治療を受けることで、アレルギー症状が現れるのではないかと心配に感じることでしょう。
インプラントと聞くと歯科治療に使われているイメージがとても強いようですが、インプラントとは、欠損や外傷をした部分を埋め込むために、人口的に作られた器官や組織の代替品のことを言うため、人口歯根以外にも人口関節やペースメーカー、骨折をした時に固定をするボルトなどもインプラントの一種になります。

人口歯根も含めてこれらのインプラントに多く使用をされている金属が「チタン」になります。
チタンは、もともと骨折の治療に使用をする素材を研究していた時に、人体と相性が良い素材として発見をされた金属で、今では、体内に埋め込むことのできる金属として広く使用をされています。
金属アレルギーの症状は、唾液や汗などが金属と接触を繰り返すことでイオン化をして、体内のタンパク質と結びつき、免疫システムが反応をすることで現れると言われています。

免疫システムが金属をアレルゲンだと判断をしてしまうと、イオン化をした金属が再び体内に取り込まれた時にアレルギー症状が現れるのです。
チタンは生体親和性が高い金属であるため、口の中の唾液に溶け出しにくく、イオン化をして体内に取り込まれる心心配が少ないため、アレルギー反応が起こりづらいと言われています。
また、歯根であるインプラント以外にも、義歯やインプラントと義歯を接続するアパッチメントも、アレルギー症状が現れる心配の少ない素材を使用する必要があります。

アパッチメントには、ジルコニアのような非金属の素材を使用して、義歯もオールセラミックやアレルギーの心配が少ない素材を使用するとより安心です。
ただ、チタンのようにアレルギー症状が現れる可能性の低い素材を使用していても、100%アレルギー症状が現れないとは言い切れません。
これまでに、何らかのアレルギー症状が現れた経験のある人は、インプラント治療を受ける前に必ず医師に相談をして、事前にアレルギー検査を受けるなどの対策をおこなうようにしましょう。

Copyright(C) 2013 歯を綺麗に保つために欠かせない事 All Rights Reserved.