金属探知機

インプラント手術には、どのような麻酔が使われているの?

インプラントの手術は、歯茎を切開して歯茎の下にある骨に歯根となるインプラントを埋め込むため、手術中に痛みがあるのではないかと不安に感じている人も多いと思います。
しかし、インプラントの手術は、麻酔を使用しておこなわれるため、手術中に痛みを感じることはありません。
インプラントの手術に使用をされる麻酔にはいくつかの種類がありますが、一般的には、虫歯の治療や抜歯をおこなう時と同じ局所麻酔が使用されます。

局所麻酔は、麻酔針を使用して体内に麻酔薬の注入をおこなうため、注入時に多少の痛みを伴うのですが、最近では、痛みが苦手な人でも抵抗なくおこなうことができるように、細い麻酔針を使用する方法や、コンピューターで注入時の圧力を調整する方法、薬剤によって針の注入部分の感覚を麻痺させる表面麻酔という方法を導入する病院が増えています。
インプラントの手術をおこなう人は、歯周病や虫歯などで歯を失っている場合が多く、局所麻酔をおこなった経験があると思いますから、麻酔を注入する時にどれくらいの痛みがあるのかは、ある程度想像ができると思います。
局所麻酔は、手術中に痛みを感じることのない方法ですが、手術をおこなう部分のみに麻酔を効かせる方法であるため、手術中の意識が鮮明にあります。

そのため、骨を削る音や振動、感覚や圧迫感などをそのまま感じるため、恐怖心が強い人の中には、極度に緊張をしてパニックを起こす場合があります。
このように、手術に対しての恐怖心が強い人には、笑気麻酔法や静脈内鎮静法などの麻酔方法が選択されることもあります。
笑気麻酔法とは、笑気ガスを鼻から吸い込むことによって、緊張を緩和して、痛みを和らげる麻酔方法のことで、ガスを吸っている間だけ効果を発揮するため、麻酔が切れるまでの時間が短く、手術後すぐに帰宅をすることができます。

ただ、笑気麻酔法の目的は手術中の患者をリラックスさせて不安を軽減させることにあるため、手術の痛みを完全に取り除くほどの効果はなく、通常の場合、局部麻酔と併用をしておこなわれます。
さらに手術に対しての恐怖心が強い人や全身疾患にかかっている人には、静脈内鎮静法がおこなわれます。
静脈内鎮静法とは、腕に点滴をしながら鎮静剤を投与する方法で、麻酔が効いている間は、眠っている時と同じような状態になるため、恐怖心を感じるこいなく手術を終わらせることができます。

質問に対しての受け答えをおこなうことも可能ですが、寝ぼけている状態であるため、手術中の記憶がない人も多いようです。
また、鎮静剤自体に痛みをなくす効果がないため、こちらの方法も、局部麻酔と併用をしておこなわれます。
また、局部麻酔や笑気麻酔法よりも、麻酔の効果が切れるまでに時間がかかるため、手術後に自分で運転をして帰ることができません。
そのため、公共機関やタクシーを利用して帰宅をする必要があります。
これらの麻酔方法を、すべての歯科医で選択をできるとは限らないので、手術に不安や恐怖心を感じている人は、インプラントの手術を受ける歯科医を選ぶ際に、麻酔方法を選択することができるのかどうかをチェックするようにしましょう。

Copyright(C) 2013 歯を綺麗に保つために欠かせない事 All Rights Reserved.