金属探知機

インプラントと差し歯は何が違うの?

インプラントと差し歯の違いを理解していない人は意外と多いですよね。
どちらも欠損をした歯に義歯を装着する治療方法なので混同をしてしまうのは無理もありませんが、それぞれの治療方法を理解することができれば、この2つの治療がまったく異なるものだということがよくわかります。
インプラントと差し歯の一番の違いは、インプラントは、根元から完全に歯を失った場合にも治療をすることができますが、差し歯は、歯を完全に失ってしまうと治療をおこうことができないと言うことです。

「歯が抜けたから差し歯にしようかな?」と考えている人もいるかもしれませんが、差し歯は、歯の根元に金属やプラスチックを流し込んでできた土台に被せ物をすることで義歯を作り出すので、根元からかんぜんに歯を失ってしまうと治療をおこなうことができないのです。
一方、インプラントは、歯茎の下の骨にチタンでできたネジ状の根元を埋め込んで、そのネジに義歯をはめ込むので、根元から完全に歯を失った場合にも治療をおこなうことができます。
このような違いから、歯が一部欠けてしまったり、虫歯部分を削って治療をおこなったりした場合には、差し歯による治療をおこなうケースが多いのですが、虫歯が進行をしていて抜歯しなければならない場合や、歯並びを良くするために、もともとある根元を利用しない場合などは、インプラントによる治療をおこないます。

また、差し歯はもともとの根元を利用して義歯を作っているため、比較的外れやすいのに比べて、インプラントはしっかりと骨に固定をするので外れづらいというメリットがあります。
そのため、完全に抜歯する必要のない状態であってもインプラントによる治療を希望する人も増えてきているようです。
しかし、差し歯が自由診療と保険診療のどちらかを選んで治療を受けることができるのに比べて、インプラントの場合は、自由診療のみの治療となるため、差し歯と比べると治療費が高額になる場合が多いことがデメリットになります。
差し歯とインプラントは、一見似通ったものだと思われがちですが、治療方法や費用面などに大きな違いがあります。
歯の状態を詳しく検査して、メリット、デメリットを理解したうえで、自分に合った治療方法を選ぶようにしましょう。

Copyright(C) 2013 歯を綺麗に保つために欠かせない事 All Rights Reserved.